Pocket

算命学の基礎である十干十二支とはどんなものなのでしょうか?

十干は精神を表していると言われていて、甲乙丙丁戊己庚辛壬癸の10種類があり、甲乙が木性を表し、丙丁は火性、戊己は土性、庚辛は金性、壬癸は水性を表していますよ。

十二支は肉体や時間を表していると言われていて、子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥の12種類があり、子は水性を表していて、丑は土性、寅卯は木性、辰は土性、巳午は火性、未は土性、申酉は金性、戌は土性、亥は水性を表しているのです。

精神と肉体が合わさった十干十二支は60種類あり、干支と呼ばれていますよ。

十二支には方角で表す事ができ、子は北を表していて、東は卯、南は午、西は酉ですが、丑寅の方角は北東の事を意味していて、辰巳は南東、未申は南西、戊亥は北西を表しているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です