Pocket

東洋占星術の九星気学って、どんな占いなのか知っていますか?

そもそも気学とは気を学ぶ学問の事であり、気とは万物を構成している宇宙エネルギーの事を表しているのです。

太陽系の星はそれぞれの周期で回る事によって四季が巡っていますが、気の概念は5千年前には生まれたのですが、宇宙エネルギーは9つのサイクルで回っていると考えられていますよ。

自然界を構成する要素である木火土金水の五行の相性と宇宙エネルギーを合わせた占術が九星気学なのです。

九星気学は知恵の集大成であり、昔はこれを元に農耕が行われていたのだそうです。

日本では、大正時代に古代中国の占術を合わせて体系化したものを九星気学と呼んでいましたが、現在では九星気学は生活の一部として使われているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です