Pocket

占いと預言はそれぞれ違いがあり、占いに預言を求めるのは良くないと言われていますが、どんな違いがあるのでしょうか?

占いとは様々な方法を手がかりにして、直接知る事ができない運勢や人の心や物事に対して吉凶の判断をする事ですが、預言とは神などの意思を人々に伝える事であり、見通せないはずの未来の出来事について明言するという事なのです。

預言なら未来の出来事を当てるのが目的なので言い切る事ができますが、占いは導く事が目的だと言われているので、未来の可能性について判断をするだけで明言はしないのです。

占いする時や占い師に対して預言を求めても、その結果が求めていた内容ではなかった場合に納得できませんが、占いは高い可能性を伝えているだけなので、提示された以外の結果もあり得るので選択の余地があるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です