Pocket

遥か昔から人々に親しまれている占いに科学的な根拠はありませんが、今回はそのルーツについてご紹介いたします。

聖書にも占いに関する事が書かれていて、新約聖書ではある占いを邪悪な物として否定されているとの事ですが、仏教でも占いはやってはいけないと否定されていたのだそうです。

古代ギリシャでは生贄にした動物の内臓の色で占いを行い、中国では亀の甲羅などを焼いて占いを行っていたと言われていますよ。

現代では科学が発展しても占いは娯楽として親しまれていて、西洋占星術や東洋占星術、タロットやルーン、数秘術や風水、手相や九星気学、血液型占いやマヤ暦など様々な種類が存在しているのです。

現代のストレス社会を生きる上で占いは一つの参考にはなるかもしれませんが、結果にかかわらず楽しむ事も大切かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です